発毛キャンプコラム

発毛にとって重要な栄養素

発毛にとって必要な栄養素 ②

発毛にとって必要な栄養素 ②

髪はタンパク質で出来ている!

では、7大栄養素それぞれの特徴など書いてみますね。
先ずはタンパク質から始めますね。

タンパク質は、お腹の中でアミノ酸に分解されます。
小腸から吸収されたアミノ酸は、肝臓を通っていろんなタンパク質に再結合され、臓器になったり筋肉や血管や皮膚になったりします。
約20種類のアミノ酸は数十から数百個鎖状に繋がり、その種類は10万種類に上ります。
もちろん髪の毛も主にタンパク質から出来ています。

人間には20種類のアミノ酸がありますが、体内で作り出せないアミノ酸があります。
それを必須アミノ酸と言います。
必須アミノ酸は11種類もあり、この為バランスよくいろんなタンパク質を摂取する必要があります。

タンパク質は1日50グラム必要!

ではどれくらいの量を食べたら良いのでしょうか?
体重が60キロぐらいに男性の場合、育ち盛りの時は65グラム、成人の場合は60グラム、45キロぐらいの女性の場合、育ち盛りで55グラム、成人で50グラムが目安になります。
又肉体労働やスポーツをされている場合は、これにある程度増やして摂取します。

タンパク質50グラムってどれくらいでしょうか?
肉の状態とか、脂身とか加熱や調理の仕方などで多少変わると思いますが、
例えると牛ヒレ肉で150グラム、牛もも肉200グラム、紅鮭200グラム、納豆4パック、牛乳コップ8杯くらいです。

1日に考えると、ご飯や野菜などにもタンパク質は含まれるので、肉と魚を150から200グラムを目安に食べましょう!

肉は国産、魚は小魚メインで!

一つ注意点です。
肉は国産の物を食べる事をお勧めします。
チェーン店は全てではありませんが、コスト削減を考えるとアメリカ産牛肉が使われていますね。
病気にならない様な物(食べ物に抗生物質を加える)を与えたり、早く大きくする為にカロリー豊富な穀物を与えます。
元々牛は草を食べていましたが、時間やお金がかかるので安い穀物主体になっています。

余談ですが、グラスビーフ(牧草で育った牛の肉)は、脂の融点が低く、胃がもたれないとても美味しいお肉です!そんなに食べた事ないですが、大切な人とお肉を食べるときは是非お勧めです!

アメリカ産がダメで日本産全てが良いとは言いませんが、肉を焼いた時の匂いは全然違うし、食べた時のうまもも違います。

お魚ですが、小さい魚をお勧めします。
マグロは美味しいですが、現在水銀やカドミウムなど重金属の問題が出ています。
水質汚染で小魚を沢山食べるマグロなどの身体に重金属が溜まっています。

それを食べる人間はもっと身体に溜まってしまいます。
アジやイワシやサンマなど小魚を多めに摂りましょう。
DHAやEPAなど身体によい脂が豊富に取れます。

気を付けたいタンパク質は?

それから牛乳も控えましょう。
また話がそれますが、牛乳、小麦、砂糖は病気の原因になります(個人の見解ですが)。
出来るだけ控えましょう!
ケーキの好きな方、すいませんm(_ _)m

乳製品は、日本人に合わない方が多いかと思います。
若い方はチーズとか好きですよね!
私も好きですが、消化吸収を考えると合わない方が多い事と、やはり穀物を主体の肥料から生まれる牛乳は怖いですね。

大豆などは、もちろん遺伝子組み換えでは無い物を食べましょう。
品質表示に「遺伝子組換えでない」と良く書かれています。
遺伝子組替えだったらどうなるの?と考えたら怖くなりますね。
この点に気を付けてタンパク質をとってください。

髪の毛は主にタンパク質で出来ています!
自分に合った質と量のタンパク質をとりましょうね。

発毛キャンプコラム一覧へ

その他のおすすめコラム

発毛にとって重要な栄養素

発毛にとって重要な栄養素 ①

発毛にとって重要な栄養素 ① 発毛にとって必要な栄養素は?を考えた時に、髪はどうやって生えるのかを知っていなければいけませんね。 元気な髪を …
発毛にとって重要な栄養素

発毛にとって重要な栄養素 ⑥

発毛にとって重要な栄養素

発毛にとって重要な栄養素 ④

発毛にとって重要な栄養素

発毛にとって重要な栄養素 ③

発毛にとって重要な栄養素 ③ 糖質って必要!? では糖質について説明しますね。 現代人は、糖質カットとかカロリーオフなど、糖質のイメージを悪 …
発毛にとって重要な栄養素

発毛にとって重要な栄養素 ⑤

発毛にとって重要な栄養素 ⑤ わかりにくいビタミンとミネラル! 続いてミネラルとビタミンについて書いてみます。 ミネラルとビタミンは、3大栄 …

PAGE TOP